世界のボードゲーム

世界中のボードゲームを紹介します

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠の0 観ました!

百田尚樹の小説はかなり以前に読んでいて、ストーリーはすでに知っていたのですが、
以前にWOWOWで放映された映画を録画して昨晩ツレと二人で観ました。

ストーリーを知っていたのにもかかわらず、非常に感動しました。とても素晴らしい映画でした。

世の中にはこの映画に対していろいろな意見があるようですが、私はこの映画が戦争を美化したものではないと思います。

戦争の時代に生きた人々に降りかかる抗しがたい不条理。
戦争という大きな力の前では、妻や子供と一緒に暮らすというささやかな願いさえも押しつぶされていく。

数え切れないほどの多くの人たちが「もし戦争のない時代に生まれてこれたなら…」と、決して叶うことのない願いを、
当時の人たちは涙ながらに幾度も幾度も願ったことでしょう。

現在の私たちが空気のようにほとんど気にかけることなく享受している平和というものを、
当時の彼らは心が張り裂けんばかりに願ったのです。

岡田准一さんをはじめ、三浦春馬さんなどなど、ベテランから若手までとても素晴らしい演技だったと思います。
映画の表現も品位が良くて、気取らず、派手さを抑えて、とても好感がもてました。

宮部久蔵の「どんなことがあっても、家族のもとに戻ってくる。」という言葉はいつまでも私の心に残り続けるでしょう。



戦争経験者であった私の父の足には2発の貫通弾の銃創がありました。

生前の父は、家族にほとんど戦争の話をしませんでした。

それでも
「どんなことがあっても、戦争だけはやったらあかん。」と亡くなった父から聞かされたことは今でもよく憶えています。

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

boardgameaddiction

Author:boardgameaddiction
ボードゲームが大好きで、プレイするだけでなく、
集めてルールを読むだけで十分満足している、
生きることに結構真面目な、
そこら辺にゴロゴロしている、ごく普通の人です。

最新記事
訪問者数
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。