世界のボードゲーム

世界中のボードゲームを紹介します

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャスタウェイ Castaways 2014/1/2

レビュー記事一覧  世界のボードゲームランキング  BGA賞受賞作品



プレイヤーは孤島に漂着した難破者として、
互いに協力し合い、遭遇する様々な苦難を乗り越え無事救出されることを目指すサバイバルゲーム。

castaways131201_001.png

キャスタウェイ Castaways 」  プレイ人数1-4人 14歳以上 プレイ時間120分
★★★★★★★★★

castaways131201_01.jpg

127枚のカードによって、難破したプレイヤーの運命が左右されることになります。

castaways131220_21.jpg

男女合わせて12人のキャラクターの一人となってプレイします。
各キャラクターは、魚釣りが上手かったり応急手当ができたり強靭であったり、それぞれ独自の能力を備えています。

castaways131220_17.jpg

ゲームは難破者達が流れ着いた孤島の海岸から始ります。
難破者達は、海岸から内陸のジャングルへ、さらに島の奥地を抜けて島の反対側にある岬を目指します。

難破者の一人でも岬に辿り着ければ、キャンプにいる難破者全員に救出されるチャンスが訪れます。
砂浜に描かれたヘルプの大文字や巨大な篝火、望遠鏡、鏡、船長の航海日誌などの存在が救出される可能性を高めます。

castaways131220_16.jpg

島での探検では、様々な試練が難破者達を待ち受けています。
夢中で探検を進めると、次第にキャンプに帰ることが難しくなり、時には道に迷ってキャンプに帰れなくなります。

castaways131220_07.jpg

難破者の体力には限界があり、体力の限界を超えて身体を酷使すると負傷します。
負傷は休息を取ることにより回復できますが、負傷は時には休息を取っても回復できないトラウマとなって、
難破者の体力の上限を下げる結果となります。トラウマが4つまで増えると死亡します。

当然ながら、島では負傷したり深手(トラウマ)を負うような危険が待ち受けています。

castaways131220_04.jpg

嵐になると道に迷いやすくなり、また海での釣りができなくなり食料調達が難しくなります。
逆に天気が良すぎて灼熱状態になると、体力が奪われます。自然環境もまた難破者には厳しい試練をもたらします。

castaways131220_08.jpg

運が良ければ、海岸には難破船から様々なものが流れ着きます。

castaways131220_10.jpg

探検が進むにつれて手に入れた種から作った果樹園での食糧調達などキャンプでの可能なアクションも増えてきます。

castaways131220_03.jpg

難破者たちは、探検だけでなく
救出されるために、砂浜にヘルプの大文字を書いたり、巨大な篝火を作ったりしなければなりません。

さらに体力を回復したり、負傷を治したりするための休憩所をより快適な建物に改築せねばなりません。

最初は砂浜に横たわり身体を休めることとなります。
出来るだけ早い時点で、雨露をしのげる建物を建てることをお勧めします。

castaways131220_15.jpg

難破者達は数多くの刺激的なイベントに遭遇することでしょう。
もう刺激的な事は沢山だと言っても、残念ながら次々と災禍は難破者達に降りかかります。

ゲームが始まれば、すぐに彼らが辿り着いた孤島がとんでもない所であることをプレイヤー達は思い知るのです。

プレイヤー達を待ち受けるストーリーの大筋は、
22枚のカードの中からプレイするごとにランダムに選ばれる8枚で決まります。

そして具体的な詳細ストーリーは、105枚のカードで語り継がれていきます。
個々のシーンでの難破者の選択により、ストーリーは枝分かれしていき状況はどんどん変化します。

このように、
キャスタウェイ」ではプレイするたびに、辿り着いた孤島は全く違った顔でプレイヤー達を迎えてくれます。

残念ながら、この謎多き孤島に関する私のお話はここまでです。
後は、島から脱出したことのある難破者からでもお聞きください。

ちなみに年初めの我が家でのプレイでは、
長男の嫁と次男がある村に監禁され拷問に遭ったのですが、次男だけが一人命からがら逃げ延びました。

当然ながら、キャンプに帰りついた次男に非難が集中したことは言うまでもありません。

今回はこれまで。
スポンサーサイト

Comments

シールの公開より、ゲームを海外通販に注文し、チマチマとルールを翻訳していました。
なんというか…協力しないといけないのに、SPが作り上げた人にしか入らなかったり、記事に書かれている様に一人で逃げ帰ったり、揉めたらとりあえず話し合い、話し合いで解決できないなら強さロールというマッチョ思想だったりと悲喜交々がゲームになってるなぁと思い楽しみにしておりました。

ところがが注文した荷物はどこかでゲーム名よろしく、行方不明になり果てました。アメリカの冬の嵐に巻き込まれたのか、何処にあるのやら把握できない正に漂流者。
この度返金され、再び注文という流れになったので今は到着を待つのみでプレイを楽しみにしているところです。
Re: タイトルなし
ひょっとしたら、冬の嵐でどこかの孤島に漂着しているかもしれませんね。

一日千秋の思いで待っておられるnishiyaさんには申し訳ないですが、
コメントを読ませていただき、思わず吹き出してしまいました。

ボードゲームそのものがキャスタウェイになるなんて、
ゲームの制作に携わった人が聞いたら大受け間違いなしでしょうね。

とにかく、このゲームは年末から年始にかけて我が家では大人気でした。
2つめは1月15日注文で16日には国内に入ってきたようで、LOSTせずに済んだようです。
1つ目は12月12日AM11にカルフォルニアを出発して以来、行方不明。
800円の送料の差でサスペンスになりそうなほどの迷走っぷりです。
Re: タイトルなし
海外から直接購入すると送料が結構とられるので痛いですよね。
アマゾンは比較的送料が安くてありがたいですが。それと為替も気になりますね。

今日か、明日かと届くのを待っているのも楽しみの一つかもしれませんね。

Leave a Comment


Body
プロフィール

boardgameaddiction

Author:boardgameaddiction
ボードゲームが大好きで、プレイするだけでなく、
集めてルールを読むだけで十分満足している、
生きることに結構真面目な、
そこら辺にゴロゴロしている、ごく普通の人です。

最新記事
訪問者数
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。