世界のボードゲーム

世界中のボードゲームを紹介します

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トワイライト ストラグル Twilight Struggle 2012/10/3

2人用ボードゲームの最高峰と言われている「 トワイライト ストラグル 」です。

twilightstruggle121003_10

アメリカとソ連の冷戦がテーマで、両陣営にわかれて世界の覇権を争う二人用ボードゲーム

twilightstruggle121003_02

この大きな世界のマップ上でプレイします。

各国は、安定値(右上隅の数字)という国の政情の安定度合いを示す数値が決められています。
また係争地(国名の背景色が濃い紫色)と非係争地に分けられています。

twilightstruggle121003_01

プレイヤーは、影響力カウンターと呼ばれるカウンターを世界の国々に配置していきます。

上の写真は中東地域ですが、ソ連の影響力カウンター(赤色)が多くの国々に配置されています。
残念ながら、アメリカのカウンターは一つもありません。

エジプトには影響力2のカウンターが置かれて、カウンターが表向き(背景赤色)となっていて、
ソ連がエジプトを支配していることを表しています。

イラクにも影響力2のカウンターが置かれていますが、カウンターは裏向き(背景白色)となっていて、
ソ連はまだイラクを支配していない、すなわち中立国であることを表しています。

同じ影響力2のカウンターを置いても、支配できる場合と支配できない場合があります。

ある国を支配するには、
その国に対する自陣営の影響力がその国の安定値以上、敵の影響力を上回わらなければなりません。

エジプトの安定値は2で、アメリカの影響力が0なのでソ連の影響力が2で支配できます。
しかしイラクの安定値は3なので、支配するにはソ連は影響力3以上を配置しなければなりません。

もしイラクにアメリカが影響力2を配置している場合、
ソ連がイラクを支配するには、
敵の影響力2をイラクの安定値である3だけ上回る影響力5以上が必要となります。

このように影響力カウンターを世界の国々に配置して、覇権を競います。

twilightstruggle121003_03

イベントカードです。冷戦時代の様々な世界の出来事がイベントカードとなって登場します。
両陣営はこれらのカードをプレイすることで、世界の各国に影響力を強めていきます。

各プレイヤーには、ターンの始めに手札が8枚または9枚となるようにカードが補充され、
これらのカードを使って、1ターンに7つまたは8つのアクションを行います。

アクション毎にカードが1枚使用されますので、ターン終了時には手札として1枚だけが残ります。

各アクション時に、イベントカードは次の3つ内のいずれか一つの方法でプレイされます。

1.カードに書かれているイベントを実行する

  上の写真「ヴェトナム蜂起」では、ヴェトナムにソ連の影響力2を配置…
  といったカードの記述通りに実行します。

  カードは左上隅の星印の色で
  赤はソ連、青はアメリカ、赤と青は両陣営、とイベントがどちらの陣営寄りのものか分けられています。

  なので、アメリカは青または赤の青のカードをプレイすることになります。

2.カードの作戦値(左上隅の数字)を使用する

  カードのイベントそのものを実行せずに、カードの作戦値とよばれる左上隅の数字を使用して、
  
  ・その数字に相当する影響力を世界各国に振り分ける
  ・作戦値を1だけ消費して任意の国の影響力排除判定を試みる
  ・作戦値をすべて使用して任意の国のクーデター判定(クーデター)を試みる

  などの世界に影響力を拡大するための3つの行動を起こすことができます

  ただし敵のイベントカードの作戦値を使用した場合には、そのイベントが誘発されます。

  例えばアメリカが前述の「ヴェトナム蜂起」のカードを作戦値2として使用した場合、
  このカードは赤色でソ連側のイベントカードなので、
  そのイベントが誘発されて「ヴェトナムにソ連の影響力2を配置…」といったイベントが実行されます。

  このカードをソ連が作戦値2として使用した場合にはイベントは実行されません。


3.カードを宇宙開発競争に使用する

twilightstruggle121003_07

  同じようにカードの作戦値を使用しますが、宇宙開発競争に使用される場合に限って、
  カードが相手陣営のものであっても、イベントは誘発されません。

  手札はターン毎に1枚を残して全て使い切らなければなりませんので、
  時として敵のイベントカードの使用も不可避とならざるを得ません。

  しかしながら敵陣営の強力なイベントカードを、宇宙開発競争で使用することにより、
  イベントが発生することを防ぐことができます。

  ただ残念ながら宇宙開発競争はターンに1回だけしかプレイできません。

twilightstruggle121003_06

カードには、このような得点カードと呼ばれるカードが存在します。

得点カードは引かれたターンに必ずプレイしなければなりません。
最後の1枚として手札に残すことはできません。

得点カードがプレイされたら、直ちに両陣営は得点を計算します。

得点は対象地域での国の支配状況で決まります。

存在:対象地域で1つ以上、国を支配している
優勢:対象地域で相手よりも多くの国を支配し、かつ係争国においても相手より多くの国を支配している
支配:対象地域で相手よりも多くの国を支配し、かつ係争国を全て支配している

さらに、対象地域で支配している係争国毎に得点が1プラスされます。

得点差分だけ勝利点を獲得します。勝利点は20点以上差が広がればその時点で勝敗が決まります。

ヨーロッパだけは特別で、
ヨーロッパの得点カードがプレイされた時点で支配していたら即時勝利が決定します。

twilightstruggle121003_09

それ以外の要素として、デフコンレベルがあります。

デフコンはレベル5が平和な状態で、下がるに従って核戦争勃発の危険が高まりレベル1で勃発します。

このレベルは、係争地でのクーデター判定(クーデターの試み)と
朝鮮戦争や印パ戦争などの戦争イベントカードをプレイすることにより下がります。

レベル4になると、ヨーロッパでのクーデター判定(クーデターの試み)と影響力排除判定ができなくなり
レベル3になるアジアでも同様にできなくなり、レベル2では中東でもできなくなります。

レベル2でデフコンを下げる、
すなわち核戦争を起こす引き金を引く行動を実行したプレイヤーは、その時点で敗北します。

だだし、プレイヤーはデフコンレベルに相当する軍事行動を行わなければなりません。
軍事行動は、クーデター判定(クーデターの試み)時に使用した作戦値分だけポイントを獲得します。

ターン終了時に軍事行動がデフコンレベルに満たない場合は、その分だけ勝利点を失います。

twilightstruggle121003_04

カードにはこのように史実を反映して、継続的に効果を発揮するものもあります。

今回のプレイで私(アメリカ)はヨーロッパでなんとか勢力を盛り返し、
アジアでも日米安保などで着実に支配を広めていたのですが、
ツレ(ソ連)の強力なイベントで中東での足掛かりを排除されてしまいました。

全体的には、さほど悪い状況ではなかったと思いますが、
勝利点で11点離されていた時点で、中東の得点カードをプレイされて勝利点を10点以上取られ、
両陣営の差が20点を超えてしまいゲーム中盤にして敗北しました。

twilightstruggle121003_08

ヨーロッパとアジアでなんとか対応できていたので、少し油断してしまい、
中東への注意を怠りました。

中東付近でのこちらの影響力の排除が得点カードをプレイするための布石でした。う~ん、残念!



プレイするたびに、その良さが高まってくる非常に優れた作品です。結構難しいですが…
スポンサーサイト

Comments

初めまして。
楽しく読まさせていただきました。

一つ質問なのですが、カードに貼られている和訳シールはどこのモノをお使いになってるのですか?
ネット上で見る中で抜群によく出来ていると感じたので、聞かずにはいられませんでした。
突然の不躾な質問で申し訳ありませんが、購入の参考にさせていただけたらと思います。

お返事お待ちしております。
Re: タイトルなし
初めまして。

日頃のご購読に感謝申し上げます。

日本語化のシールは自作しております。

厳密に言いますと、

1.まずネット上に公開されています日本語ルールや日本語化シールを
参考にさせていただき、加えて自分なりに原文を翻訳して最終の和文とします。

2.次にカードの画像を全てスキャナで読み取って、
その画像を元に、できるだけゲームの雰囲気を壊さないように、
シールの貼る位置やサイズを調整します。

この時にシールに記載される日本文のテキストサイズやレイアウトなども、
シールの形状を検討する過程で考慮に入れて最終のシールのデザインを決めます。

3.時間がある時やゲームにこだわりがある場合は、
カードの元画像を背景としてシールを作る場合もあります。
これをやると、完成度は格段に上がりますが大変手間がかかります。

パソコンのソフトは、フォトショップを使っています。
スキャナは、キャノンのMP970です。(ご参考まで)

以上のように、
自作ではありますが、ネット上に公開されています
他の方の翻訳も参考にさせていただいておりますので
私の完全なオリジナルではありません。

たまにネット上での公開をご希望される方がおられますが、
私の完全なオリジナルではないので残念ながらご希望にはお応えできていません。

また、比較的簡単なものや、逆に非常な手間が予想されるものは、
購入時に添付されているものを翻訳内容だけ間違いが無いか確認するだけで
そのまま使用する場合もあります。

ケースバイケースといいますか、その時々の気まぐれと言いますか、
まちまちですが、前述の方法で自分で作っている方が多いように思います。

ということで結論としましては、どこかで購入してきたものではありません。

お問い合わせに対して満足なお答えになっていれば幸いです。

Leave a Comment


Body
プロフィール

boardgameaddiction

Author:boardgameaddiction
ボードゲームが大好きで、プレイするだけでなく、
集めてルールを読むだけで十分満足している、
生きることに結構真面目な、
そこら辺にゴロゴロしている、ごく普通の人です。

最新記事
訪問者数
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。