世界のボードゲーム

世界中のボードゲームを紹介します

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベガスの新ルール「 ビバ、ベガス! 」

もうすでにこのブログでもご紹介しましたベガス

vegas120926_01

先日、またプレイしました。



今回も、大差で勝利。

そこで、多少負けていても最終ラウンドで一発逆転ができるような独自のルールを考えてみました。

名付けて、「ビバ、ベガス!」。


「ビバ、ベガス!」ルール説明

4ラウンドの内、最終ラウンドのみ適用。

最終ラウンドでプレイヤー全員が一回目のダイスを置き終わった直後にプレイ可能。
すなわち、一回目のダイスの結果を見て賭けることができる。

3ラウンドが終わった時点で獲得しているマネーカードの多い順にプレイ。負けている人ほど後でプレイ。

「ビバ、ベガス!」をプレイする人は、希望するカジノに持っているマネーカード1枚を賭けることができる。

マネーカード1枚を賭けたプレイヤーは、
直ちに山札または捨て札の中から賭けたマネーカードと同額のカードを選び、賭けたカードの上に重ねる。

もし山札や捨て札の中に同額のカードが無い場合は、
賭けたカードの金額以上で最も金額の近いカードを代わりに選ぶ。

賭けたマネーカードの同額のカードが無く、かつその金額以上のカードが無い場合に限り、
合計額で同額、もしくはそれ以上で最も近い金額となるような2枚のカードを選ぶ。

他のプレイヤーがすでに賭けているカジノに賭けたり、賭けないでパスすることが許される。

賭けることができるのは、プレイヤー1人あたりカジノ1か所にマネーカード1枚のみ。

通常の賞金(マネーカード)が複数枚あるカジノで、2位と3位も賞金が獲得できるカジノであっても、
「ビバ、ベガス!」で賭けられたマネーカードは、すべてそのカジノのトップの人が獲得する。

例:

最終ラウンド(第4ラウンド)の1回目のダイスで、
8万ドルのマネーカードが乗っている5の目のカジノに、幸運にも3個のダイスを置くことができた。

「ビバ、ベガス!」で、手持ちの9万ドルのマネーカード1枚を5の目のカジノに賭けた。
その後、山札および捨て札を探したが9万ドルのカードが無かったため、
6万ドルと3万ドルの2枚を選び、その上に重ねて置いた。

その後、通常通りダイスを振り、最終的に5の目のカジノで勝利した。

獲得したマネーカードは、もともとカジノに乗っていた8万ドルのカードに加えて、
自分が賭けた9万ドルと、山札から持ってきた6万ドルと3万ドルの合計26万ドルを獲得した。

内、9万ドルはもともと持っていたカードなので、このカジノでの獲得金額は17万ドルとなった。

また、このカジノで他のプレイヤーが勝利した場合は、丸々26万ドル獲得することとなる。



今後何度かプレイしてみて、修正を加えて行きたいと思っています。









スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

boardgameaddiction

Author:boardgameaddiction
ボードゲームが大好きで、プレイするだけでなく、
集めてルールを読むだけで十分満足している、
生きることに結構真面目な、
そこら辺にゴロゴロしている、ごく普通の人です。

最新記事
訪問者数
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。