世界のボードゲーム

世界中のボードゲームを紹介します

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒸気の時代 2012/9/27

久しぶりに「 蒸気の時代 」をプレイしました。

steam120927_01

ボードは二人プレイ専用です。

ルールもかなり我が家流に変えています。

たとえば補給は二人プレイのボードであるにもかかわらず、
左右両面を使って、それぞれダイス2個を振ってラウンド毎に補給します。

なので、輸送する商品はほとんど枯渇することはありません。
ちまちまとやりくりするのは、我が家の家計だけで十分です。

順番は入札をやめて交替でやっています。

次回からは、「新しい町づくり」と称して線路敷設フェイズで線路敷設や都市化をしなければ、
自分の路線の任意の場所に町をつくることができるようにするつもりです。

アクションの選択で、都市化を選択すれば「新しい町づくり」が実行できるようにします。



今回の結果は、73勝利点を挙げて私(赤色)が大差で勝利しました。

ツレは、第1ラウンドと第2ラウンドで連続して収支ミスをして散々な結果となりました。
家計でも結構ミスしてたりして…「おっと口は災いのもとですぜ、大将。」

しかし、最初のつまずきにもめげず立派に最後まで気を抜くこともなくプレイしました。

「えらい!!、歳は取っても、さすがは大家族の本家をあずかる嫁だけある。」
私は心から感動したものでした。

「人間、どんな時もくさっちゃいかん!」

そんなツレを尻目に、私は怒涛のごとく商品を輸送し、金を稼ぎ、線路を広げ、
一大財閥を築きあげ、二人はまさに「 リッチマン、プワウーマン 」となりました。

大金を稼いだので山脈を越えて相手路線に切り込み、さらに大きく路線拡大が可能でしたが、
今回は資金繰りにあえぐ相棒を傍で温かく見守る作戦をとりました。

今回はプワウーマンの名誉のために、勝利点はあえて公開しません。

「と言っておきながら、あんたの勝利点はもうとっくに公開しちまってますぜ、大将。」


スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
プロフィール

boardgameaddiction

Author:boardgameaddiction
ボードゲームが大好きで、プレイするだけでなく、
集めてルールを読むだけで十分満足している、
生きることに結構真面目な、
そこら辺にゴロゴロしている、ごく普通の人です。

最新記事
訪問者数
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。